塩麹が健康に良い理由とは

日本の伝統食品である塩麹。

発酵食品は身体に良いと言われていますが、どのような効果があるのでしょうか。

一つは「ビタミンB」が多く含まれています。

中でも「ビタミンB1」は代謝をサポートしてくれます。

脳の神経や筋肉の機能を整えたりと、疲労回復につながります。

また「乳酸菌」を多く含み、消化吸収や栄養をエネルギーに代えるのを助けてくれます。

腸内環境が整うので美肌効果にもつながり、身体に良いことばかりです。

万能な調味料

しょうゆや、味噌ほど馴染みが少ない調味料の「塩麹」ですが、使い方は簡単です。

肉の下味に使ったり、臭み取りの為に代用することができます。

「塩麹」は肉を柔らかくする成分も含まれているので、フルーツやキノコを入れたりする必要がありません。

唐揚げの下味もこれだけでも大丈夫です。

また下味の段階で塩味もしっかりお肉にはいりますので、減塩にもつながるかと思います。

下ごしらえが大変なハンバーグにもオススメです。

ビニール袋に挽き肉と「塩麹」をいれて軽く混ぜます。

2~3時間後に玉ねぎや好きな野菜をいれて数回もむだけです。

パン粉や卵を使わなくても粘りがシッカリでてきます。

調理中にお肉が崩れる心配もありません。

「塩麹」は、身体に良いとだけでなく、調理の時短にも使えるオススメの調味料です。

タイトルとURLをコピーしました