熱中症対策をして健康に過ごしましょう

熱中症とは、原因は様々ですが体内の水分や塩分のバランスが崩れて体液不足になり脱水症になる状態です。

熱中症は油断をしていると命の危険性がありますのでしっかりと対策をするように心掛けましょう。

夏だけではなく冬でも脱水症になる

夏は気温が上昇しやすいので体温も高くなってしまいます。

体温調節を行うために汗をかいて体温を下げようとしますが外気温と湿度が高い場合は汗を蒸発させる事ができません。

すると体温調節もできずに体内に熱がたまり、熱中症になります。

冬は水分補給の回数が少なくなりやすく、暖房の効いている室内では乾燥しやすくなっているので身体から水分が失われて熱中症になります。

ですから、夏だけに限らず冬も熱中症に気をつける必要があります。

夏も冬も熱中症対策を行いましょう

夏も冬も油断せずに熱中症対策をする必要があります。

喉が乾いていなくてもこまめに水分をとるようにして、適度に塩分もとりましょう。

また、冬の脱水を予防するには温かい白湯などを飲むようにして身体を冷やさないように水分補給をすると良いでしょう。

夏のイメージが強い熱中症ですが、冬にも引き起こしてしまう可能性があります。

油断をせずに熱中症対策を行いましょう。

高齢者の方や小さなお子様は水分不足に気付きにくいので十分に注意して健康に過ごすと良いです。

タイトルとURLをコピーしました