化粧水の正しい使い方をマスターしよう

化粧水は正しい使い方をするとお肌の美しさを引き出します。

化粧水の使い方はコットンよりも手のひら

化粧水は、コットンより手でつけるほうがお肌になじみやすいのでおすすめです。

テクスチャーにもよりますが、水のようなタイプは500円玉の大きさを目安にします。

とろみのあるタイプは、500円玉より少なめが適量です。

どちらの化粧水も一度につけず、2回くらいにわけて使用します。

つける順番は、洗顔後が基本です。導入美容液があれば、そちらを先につけますが、朝も夜も化粧水のタイミングは変わりません。

化粧水の正しい使い方

使い方は、化粧水を手のひらに出して、両手を合わせるように温めます。

冷たいと毛穴が閉じてしまい、しっかりと滲みこみません。

少し温めて、滲みこみやすくしましょう。

つける時は、顔の中心から外側に向かって伸ばすのがポイントです。

乾燥しやすいポイントからつけていきますが、円を描くようなイメージで手を動かしましょう。

1回目はほお、2回目は額など使う場所を変えて、最後は全体になじませます。

首やデコルテまでつけるのも忘れないようにしましょう。

その際、軽く下から上へ手のひら全体を動かすとマッサージ効果も得られます。

化粧水の使い方は目安より多めでもいいの?

目安の量より多くなってもかまいません。

乾燥が気になる部分は、重ね付けも大切です。

何回でも、しっとり感じるまでつけましょう。

年齢を重ねると、自分の想像以上にお肌は乾いています。

額やアイホール、口元など手で感触を確かめなら、納得する量を浸透させましょう。

乾燥が気になる部分は、手で押し込むようにする使い方が有効です。

お肌がしっとりしたら、乳液など次のステップへ行きましょう。

さいごに

化粧水の使い方は、年齢に関係なくマスターしたいスキンケアの基本です。

お肌の状態を自分の手で確認しながら、毎日正しく化粧水でケアしましょう。

タイトルとURLをコピーしました